立憲民主党を草の根から応援&監視・チェック

#枝野立て!と言った責任上、生れたばかりの立憲民主党を応援&監視・チェックしたいと思います

Dear 立憲民主党&仲間の人へ #選挙を終えて

Dear 立憲民主党 #選挙を終えて

公式さんが #選挙を終えて で思うことをつぶやいて欲しいとのこと。

どうしても長文になりそうなのでこちらで思うところを書いてみたいと思います。

 

思えば、#枝野立て と呟いてからから立憲民主党を応援、そして追いかけてきました。

 

今回の参院選で、議席数は増えたものの、私の中では惨敗との思いです。

 

各選挙区、そして比例で、意を決して立候補なさった方の勇気、そしてご努力には言葉にできないくらいに感謝していますし、数々の候補の心揺さぶる演説に涙しました。もし機会があれば是非次回以降再チャレンジしていただけることを願っています。

 

複数区での候補擁立についてなどは、様々な意見のパートナーで意見がある方もいらっしゃると思うし、それぞれの地区の事情もあるでしょうから、意見は譲りたいと思います。

 

また、長年地元自治体議員を多く抱える自民党と比べ、組織の力と言う体力の違いも言うまでもありませんが、それも今回は割愛します。 

立憲民主党の思いを、有権者に通じる言葉で伝えきれたか

私自身、小中高生そしてそれ以上の年代の方と、勉強のお手伝いをすることを長年生業にして生きています。

 

10年以上前くらいにようやく、気づいたことがあります。

それは自分が「常識だと思っている日本語」が「外国語と同じくらいに通じない・理解してもらえない」人が大勢いるということでした。(若い人が頭が悪いと言ってるのではありません。)

 

それに気づく以前には「何で分からないんだろう?テキスト(教科書)のここに書いてあるじゃん」と思っていたことが、実はテキスト(教科書)の日本語が彼らには通じない日本語だったのです。

 

彼らには通じない日本語を「何で分かってくれないんだろう」と、こちらは一人で時には悩み、時には憤っていたのです。

 

この業界には「スーパー講師」と呼ばれる人もいます。熱血タイプでぐんぐん引っ張っていくタイプ、淡々と理詰めで説明するタイプ、フレンドリーに生徒と接するタイプ…様々です。政治家と一緒ですね。

 

でも、スーパー講師に共通するのは、教科書やテキスト、問題集の解答に書いてある説明を、「彼らに分かる日本語に翻訳して伝えてあげる」ことに長けているということだと思っています。

 

今回の参議院選挙、各候補者の演説も中継含めて大分見ました。

 

個人的には選挙区の候補、そして枝野代表(公示前の大阪と地元候補応援時)、蓮舫さん2回、岡田さん、その前のタウンミーティングでは長妻さん、海江田さん、おっくん、りえさん、生で声を聴く機会にも恵まれました。

 

どれも、個人的には理解できるし、自分の心には響くものばかりでした。

 

でも、果たしてそれが、多くの人、とりわけ若い年代の人に通じる言葉、説明だったのかと思うと、疑問なのです。

 

(加計問題、防衛省報告書、含め隠ぺい、利益誘導体質、不誠実な国会答弁など)なぜ今の安倍政権がひどいと言えるのか。

このまま安倍政権が続けはばどんなひどい未来が予想されるのか。

違憲状態の安保法制のまま9条改正することは何を意味するのか。

緊急事態条項の恐ろしさ。

現在の経済状況での消費税アップがどれだけ経済にダメージを与えるのか。

 

国会を趣味のようにここ数年見てきた自分には全て理解できるし、賛同もできます。

 

でも、多くの有権者にとってそうだったのでしょうか?

 

何を野党は怒っているんだろう?…今までの経緯を知らない人にとっては、怒鳴ってばかりの野党としか聞こえなかったのでしょう。(私はもちろんそう思っていませんが)

 

今回の参議院選で与党が多数を、あるいは2/3を確保することが、どれだけの意味を持つのか、本当の危機感をもって、「わかる言葉で」伝えきれたのでしょうか?

 

また、『私はこうしたい』という演説はずいぶん聞きましたが、

『私が国会に行ったら、あなたの生活はこうなる』という演説は少なかったと思います。

 

そういった「わかる言葉」で伝える工夫が、次の総選挙、あるいは国民投票で必要だと感じています。

 

別垢も含めてずっと追いかけている三春充希さんも朝日新聞で書いていました。

「政治家は今の日本が抱える問題をはっきりと示し、このまま進んだらどんな未来が待っているかという『絶望』を示す必要があります。そして(中略)希望を若者や、棄権してきた人たちに向けて提示する必要があるのです」

 

私は、はるさんの言葉に、『わかる言葉で』提示し、多くの人に賛同してもらう必要がある、と付け加えたいと思います。

 

賛否はともかくとして、山本太郎さん、接戦を制した石垣さんは象徴的だったと思います。

 

消費税0の実現性はともかくとして、彼らは少なくても「多くの人に分かりやすい自分の内なる言葉」で「自分が当選すればあなたの生活はこう変わるんだ」と訴え、そしてそれが一人一人に届いたのだと感じています。

 

せっかく公約にあった『大学の授業料を半額に』というのを、大学生そしてその保護者に自分の言葉で分かりやすく訴えた候補はいたでしょうか。(私の耳に届いていないだけかもしれませんが、それは多くの人に届いていないと同値です。)

 

時給1300円だとやっていけないという中小個人事業主に

『立憲民主党は、炭素税を使って同時に社会保険料負担を軽減するんです。働く人もハッピーになれるし、事業主にとっても社会料負担軽減でそれが可能になるのです。自分のところの社員がハッピーに働き、それが可能なら社長さんだってハッピーでしょう!』と訴えた候補はいたでしょうか?

 

実は、比較的自民等には批判的なパートナー(個人的には嫁とか家内とかいう言葉は使いたくないのでパートナーと言っています)に、選挙後ずいぶんダメだしされました。(結果私に免じてりっけんと書いてくれたようですが・・・)

 

・何あの「令和デモクラシー」って。私みたいにネット見ないでチラシだけちょっと見た人には何のことか分かんないし!

 

・大体私の生活に何やってくれるか分からないし!

 

・選挙公報も、あれだけ見て投票する人もいるんだから、あれじゃ心に響かない。

  勝てないの当然じゃない?etc

 

開票後に散々言われて返す言葉ありませんでした。

 

個人的には本当に次の総選挙、国民投票に強烈な危機感をもっています。

 

同時に、個人的には反省もしています。

最終日間際の自分のツイートです。

『(今の政治は)私の住みたい日本ではない、次世代に引き継ぎたい日本ではない』

 

この思いは、私の本当の思いでもあります。

 

でも同時にそれは低投票率という

『何言ってるの、勝手に自分の思いを私たちに押し付けないで』という答えとして返ってきたのではないかと反省もしています。

 

同じことは党全体としても言えないでしょうか?

 

総選挙、国民投票、今の政治ではおかしい、何とかしなくてはと思いを同じくする人たちにとっては時間がありません。

 

何ができるかを一緒に考えながら、進んでいけたらと思っています。

 

長文で失礼いたしました。

Sincerely yours

大学入試の英語外部試験の件について、問題点をまとめてみました

 

以前せっかく山内康一さんが、大学入試の英語の件に触れているので(ブログはこちら⇒)問題点をまとめてみました。(別ブログで、数学や国語の件も触れているのですが、ここでは英語の外部試験の件だけまとめてみます。)。今まで教育がらみ、特に2020年大学入試がらみの発言をしている立憲議員はあまりいなかった(私が知らないだけかもしれませんが・・・)だけに、非常に嬉しく思っています。

確かに、山内康一さんがブログで述べられているように、「この変更で、どこかに利権が発生していないか」という視点での追及も是非して欲しいと思っています。しかし、私のように実際高校生も扱っている塾関係、そして高校の現場は本当に困っています。何が困っているかというと、色々なものが決まっていないのに、2020年にスタートというゴールだけが決まっている事です。

先の事と思うかもしれませんが、2020年に大学受験する生徒は既に高校1年生です。高校の現場では、「この新1年生に、どの時期に何を学ばせ、いつどの外部試験を受けさせたらよいのかが全くの手探り状態」になっているのです。以下自分の別サイトブログからの引用も含めての記載です。

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点①

 採点を民間業者に委託した場合、いくらマニュアルがあり、指導をする立場の職員がいるにせよ、所詮実際に採点するのはアルバイトか、せいぜい派遣社員ということにならないのでしょうか?アルバイトや派遣社員の能力を低く見ているつもりはありませんが、『明日から採点業務・・・』とか『採点したけど、けっこういい加減なもんだった』等とSNSでつぶやく人が出ないとも限りません。また、採点者、集計者、入力者等を採用する場合に(恐らく短期間限定の採用で、しかも一時期に大量の人間の採用が必要なはず)本当にその人には受験者の親族・利害関係者等がいないということをどうやって担保するのでしょうか?

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点②

英語の民間試験導入に今回突如?(私が知らなかっただけ?)「受験回数は高3の4~12月に2回までとする」という話。

確かに、例えば、TOICEは年10回試験日がありますが、全ての都市で毎回実施ではありません。また、例えば、東北地区だと11会場の実施なので、田舎暮らしだと、泊りがけでの受験も想定されます。そういった田舎と都会の不公平さを解消するという意味で「高3で2回まで」ということにするのでしょう。

 

しかし、都会に住んでいれば、「高1、高2の段階で、練習のつもりTOICEやTOEFLを受験する」ということも容易でしょうが、田舎暮らしだとそうはいきません。やはり住んでいる場所での不公平感はなくなりません。

 

ここ数年受験に利用している大学が増えているTEAPでは、現在7月、10月、12月の年3回受験が可能で、しかも成績は2年間有効ということになっていますから、高2から受験すると合計6回のチャンスがあることになります。それとの整合性はどうするのでしょう?

⇒制度上は「高3で2回」という制限があるとして、TEAPだけではなく「高1、高2で外部試験を受けた場合」のスコアは活きてくるのかどうかが誰に聞いてもはっきりとした答えがでていない状態なのが問題です。こういった状態では、今の高1の生徒に、「今年、来年、外部試験を受けて良いものかどうか」を指導することすらできません。

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点③

また、高3で2回までとなれば、高1・高2のうちに英検を取得しておこうという人が急増することも容易に想像がつきますが、試験会場・試験をする人の確保は大丈夫なのでしょうか?また、試験会場によって、スピーキングテストの面接官の差異(緩い採点・厳しい採点)は生じたりしないのでしょうか?

⇒この部分は、更に難しいことになっていて、「現在の英検(一次試験+二次試験)」は、「外部試験として認められない」などと最近発表になり、「新たな4技能を一度に試験する英検」は「外部試験として認められる方向」のようです。しかもその「新たな英検」についてはどんな試験になるのかもよく分かっていません(私の勉強不足からかも知れませんが・・・)。

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点④ 

さらに 、問題なのは、高等学校での英検「自校会場」ってやつです。2級までの一次試験なら、自分の高校での英検受験をやってたりしますが、監督は高校の先生。問題も数日前には高校に届いています。届いた問題の管理だって学校、先生に任せっ放しが現状です。「自分の生徒の進路が決まるかも」となった時、事前指導の誘惑に負ける先生、学校がないと言い切れるのでしょうか?あるいは、1人で監督していたら、悪気はなくても、試験時間だって、「あっ、5分オーバーしちゃった」ということだってありえます。自校会場で、どこまで厳密性を担保できるのでしょう?そもそも、英語のスピーキングテストで、ヘッドホーン付けてインカム付けて、隣の人の声が丸聞こえの状態になったりしませんか? じゃあ、そんな厳密性の担保できない自校会場は止めにして、全部公開会場にして、例えば現在のセンター試験みたいに各大学を会場にしようってなれば、今度は運営する大学側の負担が大きくなるし、遠くの受験会場まで、場合によっては前泊して受験しなくてはいけない生徒の負担も大きくなります。

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点⑤

英語外部試験導入に関する問題点としては、「点数ではなく6段階程度」で評価、という部分です。TOICE/TOEFLであれば、スコア何点から何点までは1とか2といった段階表示も可能でしょう。では英検はどうするのでしょうか?現在、大学入試の推薦、AO入試に英検を採用している大学では、大半が「英検準2級」または「英検2級」が出願要件になったりしています。6段階って、1級、準1級、2級A、2級、準2級、3級、で6段階です。まさか中学生でも受かる3級もその段階に含めるのでしょうか?また各大学が、その6段階を「出願資格」「試験免除」「得点加算」に用いることを想定しているとのことですが、その設定次第では、難関大学受験の生徒は「1級」か最低「準1級」を取らないと!ってなったりしないのでしょうか?英検のHPによれば、「2級が高校卒業程度」「準1級が大学中級程度」「1級が大学上級程度」となっていますから、少なくても難関大学受験者の多い高校での授業が、「大学レベルの英語の指導」になってしまう、(ならざるを得ない)ことにはならないのでしょうか?

 

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点⑥

最終的な入試は今と変わらないとしても、その前に高3生は「英語の外部試験」を受けることになります。しかも受ける外部試験で日程も異なります。高校現場は、定期試験の日程、文化祭、体育祭など、とても日程を組める状態にはなりません。おそらく、そういった学校行事も今後は数を減らすなどの措置を考えざるを得ない高校が出ると思います。部活動の最後の大切な大会ですら参加できない、あるいはその前に引退して勉強に専念したいという生徒も出るでしょう。

 

2020年大学入試『大学入学共通テスト』原案で残る問題点⑦

高校・中学の現場にはGTEC導入の営業がすごいようです。GTECはベネッセグループの運営。当然ベネッセグループからは学校現場にGTECのあるいはGTECを意識した教材の販売もあります。試験を運営する側とその教材販売が同一・・・どうしてそれで公平公正な運営が出来得るのでしょう?あるいは、誰かが儲かる仕組みを作った、あるいは作ろうとしている過程に、政治的関与は本当にないのでしょうか。

 

いずれにしても、そういった問題点・どうなるんだろうという現場の声を、可能であれば立憲民主党の議員の方が吸い上げて頂き、問題点を解消した上で、とにかく早く「こうやってやるんです」という文科省からの発表をしてもらえるように働きかけて頂くことを切に願います。確かに、2020年導入は無理筋だし、できればやめて欲しい気持ちでいっぱいです。どこかに利権が発生してるなら腹立たしいし、追及もして欲しいです。でも今お願いしたいのはそこではありません。おそらく2020年開始で動き出しているのは止められないと思いますから、今はせめて少しでも問題点を解消し、生徒たちに不安がないように立憲民主党としても働きかけをして欲しいと思います。現場は本当に困っています。

 

#KEEPJAPANKIND  正念場の今年、願いを込めて

keep japan kind

#KEEPJAPANKIND

昨年の総選挙時にこのブログを立ち上げて3か月。

ツイッターでは、随分と好き勝手なこと呟いたりRTしたり、あるいは立憲民主党を応援しようという様々な方を知りました。また、伊藤詩織さんの件、大阪姉妹都市解消の件、緊急事態条項の件、今までであればひょっとしたら知らずに見過ごしていたかもしれないことに触れたり、考えたりすることができたという点で、自分にとって良かったと思っています。正月以来バタバタしていたので、書き初めのかわりに、お絵かきをしてみました。きっと#立憲民主党と一緒に、いつかこんな社会を実現していきたいと願いを込めてのお絵かきです。小中学の頃より、お絵かきのセンスはなかったので、かなり恥ずかしい出来ですが、笑ってお許しください。 ちなみに、元ネタは下記のものです。

 

kasikoi.hatenablog.com

f:id:kasikoi:20171031113449p:plain

 

 立憲民主党にとっても正念場の年

来年の参議院選挙、天皇退位を控え、年内の憲法改正発議が現実味を帯びていると思います。翻ってみると、昨年の初めごろは「衆議院解散あるかも」という状況の中で、民進党はその準備に失敗したと思っています。福山幹事長が「悔しいけど負けです」と最後の反対演説をするのは見たくはありません。どんな手を使っても、発議を阻止する手立て(恐らくは総理退陣に何らかの形で追い込むしかないと思いますが)を考えて欲しいし、また万一発議となった時に、その時に「憲法改正反対の一票を!」と国民に訴えてもおそらく間に合いませんから、通常国会冒頭から、「集団的自衛権を認めた現状での9条改正は許されない」「緊急事態条項はこんなにも危険」ということを、所属国会議員、党員、それに新たに生まれるパートナー全員で繰り返し発信し続けることが必要だと思います。

以上、遅ればせながら新春の書き初めにかえて りん

 

立憲民主党所属国会議員のTwitter・FB・HP・ブログリンク一覧 【非公式】をまとめてみました

f:id:kasikoi:20171022211902j:plain


立憲民主党所属国会議員のTwitter・FB・HP・ブログリンク一覧

【非公式】

なお、立憲民主党公式HPからのリンクが充実してきたので、2019/7をもってこのHPの更新は終了といたします。皆様どうもありがとうございました。

 新しく当選した人、返り咲きの人、なかなかどんな人なのか分からないことも多いので、『どんな人なのか』『普段どんな主張をしているのか』『どんな活動しているのか』などの参考にできればと、立憲民主党所属国会議員のTwitter・FB・HP・ブログリンク一覧を個人的にまとめてみました。福山哲郎幹事長が言っていたように、立憲民主党をこれから監視・チェックしていきたいと思いますし、Twitter・FB・HP・ブログを通じて、『自分たちはどういう社会にしていきたいのか』を私たちの選出した代表に発信していければと思っています。

 

注)以下のリンクは、個人的に一つ一つ探したものなので、まだまだ漏れがあるかもしれません。『この議員にはこういったアカウント、サイトあるよ』といった情報あればお知らせいただければ幸いです。また、アカウント・サイトは、本人または公式と思われる事務所のものを探したつもりですが、万一『これは議員本人のものではない』『全く別人のもの』『誤字脱字』『リンク切れ』といったことがありましたら、それもお知らせいただければ幸いです。

※H29/11/5 各議員の主にFBリンクを追加しました。立憲民主党党役員名称も追加しました。

※H29/12/20  川田龍平議員と最近ツイッター始められた高木 錬太郎議員を追加しました。

※H29/12/27  風間直樹議員、山尾志桜里議員、有田芳生議員、江崎孝議員(順不同)を追加しました。

※H29/12/31 蓮舫議員を追加しました。

※H30/4/17 杉尾秀哉議員を追加しました。

※H30/5/9 福田昭夫議員、相原久美子議員、石橋通宏議員、小川敏夫議員、神本恵美子議員、那谷屋正義議員、難波奨二議員、白眞勲議員、鉢呂吉雄議員、牧山ひろえ議員、吉川沙織議員を追加しました。

※H30/8/22 宮沢由佳議員を追加しました。

※H30/10/19日吉雄太議員・青山雅幸議員、離党

※H30/12/31真山勇一議員・芝博一議員・野田国義議員・長浜博行議員を追加しました。

※2019/7 相原久美子議員 神本美恵子議員 引退のため削除。お疲れさまでした。

 

  立憲民主党 ツイッター https://twitter.com/CDP2017
フェイスブック https://www.facebook.com/rikkenminshu/
HP/ブログ http://cdp-japan.jp/
北海道1区 道下 大樹 ツイッター https://twitter.com/michishitadaiki
フェイスブック https://www.facebook.com/daiki.michishita
HP/ブログhttps://www.michishita-daiki.jp/ 
北海道3区 荒井 聰
常任幹事会
両院議員総会長
ツイッターhttps://twitter.com/SatoshiSatoshiA
フェイスブック https://www.facebook.com/Satoshi.Arai21HP/
ブログhttps://www.arai21.net/ 

比例代表

(北海道4区)

本多 平直 ツイッター https://twitter.com/pontapiranao 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/hondahiranao/
HP/ブログ http://hiranao.com/index.html

比例代表

(北海道5区)

池田 真紀 ツイッター https://twitter.com/ikemakihonki
フェイスブック https://www.facebook.com/honkiikemaki/
HP/ブログ http://ikemaki.jp/
北海道6区 佐々木 隆博
執行役員
副代表
総務委員長
(北海道ブロック担当)
ツイッター https://twitter.com/sasaki_stop_tpp
フェイスブック https://www.facebook.com/takahiro.sasaki.54966
HP/ブログ http://www.sasaki-takahiro.jp/
北海道8区 逢坂 誠二
政務調査会
会長代理
ツイッター https://twitter.com/seiji_ohsaka
フェイスブック https://www.facebook.com/ohsakaseiji/
HP/ブログ https://ohsaka.jp/

比例代表

(北海道10区)

神谷 裕      
北海道11区 石川 香織 ツイッター https://twitter.com/ishikawakaori11
フェイスブックhttps://www.facebook.com/kaori.ishikawa.tokachi/ 
HP/ブログhttp://ishikawa-kaori.jp/ 
参議院
北海道選挙区
鉢呂吉雄

ツイッター https://twitter.com/hachiroyoshio 

フェイスブック https://www.facebook.com/hachiro86/

HP/ブログ http://hachiro86.jp/

比例代表

(宮城1区)

岡本 あき子
常任幹事会
東北ブロック常任幹事
ツイッター https://twitter.com/okamotoakiko
フェイスブック https://www.facebook.com/okamotoakikoofficial/
HP/ブログ http://okamotoakiko.net/

比例代表

(東北ブロック)

山崎 誠 ツイッター https://twitter.com/yamazakimakoto
HP/ブログ http://www.yamazakimakoto.jp/

比例代表

(東北ブロック)

阿久津 幸彦
常任幹事会
幹事長代理(陪席)
ツイッター https://twitter.com/akutsuyukihiko
HP/ブログhttps://ameblo.jp/piteq12345/   

比例代表

(群馬3区)

長谷川 嘉一 ツイッターhttps://twitter.com/HasegawaKaichi
フェイスブック https://www.facebook.com/hasegawakaichi/
HP/ブログ http://www.hasegawa-kaichi.org/

比例代表

(埼玉3区)

山川 ゆりこ ツイッター https://twitter.com/yamakawa_yuriko
フェイスブック https://www.facebook.com/yuriko.yamakawa.35
HP/ブログ http://www.yamakawa-yuriko.jp/index.html
埼玉5区

枝野 幸男


執行役員
代表

(北関東ブロック担当)

ツイッター https://twitter.com/edanoyukio0531
HP/ブログ http://www.edano.gr.jp/
栃木2区

福田昭夫

フェイスブック https://www.facebook.com/akio417fukuda
HP/ブログ https://www.fukudaa-houtoku.com/profile/

比例代表

(北関東ブロック)

堀越 けいにん ツイッター https://twitter.com/horikoshikeinin
フェイスブック https://www.facebook.com/horikoshi.keinin/
 

比例代表

(北関東ブロック)

大河原 雅子 フェイスブック https://www.facebook.com/ookawaramasako/
HP/ブログ http://ookawaramasako.com/

比例代表

(北関東ブロック)

高木 錬太郎

ツイッター https://twitter.com/takagirentaro

フェイスブック https://www.facebook.com/rentarou.takagi/

HP/ブログ http://rentaro-takagi.com/

比例代表

(千葉3区)

岡島 一正

ツイッター https://twitter.com/kazu_okajima

フェイスブックhttps://www.facebook.com/kazumasa.okajima

HP/ブログ http://k-okajima.jp/

比例代表

(千葉6区)

生方 幸夫 ツイッター https://twitter.com/ubukatayukio66
フェイスブックhttps://www.facebook.com/%E7%94%9F%E6%96%B9%E5%B9%B8%E5%A4%AB-549802768388481/
HP/ブログ http://ubukata.news.coocan.jp/cgi-bin/blog2/diary.cgi

比例代表

(千葉13区)

宮川 伸 ツイッター https://twitter.com/Shin1Miyakawa
フェイスブック https://www.facebook.com/shin.miyakawa.8/
HP/ブログ http://smiyakawa.com/

比例代表

(神奈川1区)

篠原 豪
常任幹事会
南関東ブロック常任幹事
ツイッター https://twitter.com/go_shinohara
フェイスブック https://www.facebook.com/Go.Shinohara.Go
HP/ブログ http://lets-go-yokohama.jp/
神奈川4区 早稲田 夕季 ツイッター https://twitter.com/waseda_yuki
フェイスブック https://www.facebook.com/waseda.yuki/
HP/ブログ http://waseda-yuki.jp/index.html
神奈川6区 青柳 陽一郎
政務調査会
筆頭副会長
ツイッター https://twitter.com/aoyagy
フェイスブック https://www.facebook.com/aoyagy.net/
HP/ブログ https://aoyagy.net/

比例代表

(神奈川7区)

中谷 一馬 ツイッター https://twitter.com/kazuma_nakatani
フェイスブック https://www.facebook.com/kazuma.nakatani
HP/ブログ https://ameblo.jp/kazuma-nakatani/
神奈川12区 阿部 知子 ツイッター https://twitter.com/abe_tomoko
フェイスブックhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100004675156297&lst=100001996427254%3A100004675156297%3A1509859427
HP/ブログ http://www.abetomoko.jp/
参議院
神奈川県選挙区
牧山ひろえ

ツイッター https://twitter.com/makiyama1192 

フェイスブック https://www.facebook.com/makiyamahiroe/

HP/ブログ http://www.makiyama-hiroe.jp/ 

参議院
神奈川県選挙区
真山勇一

ツイッター https://twitter.com/MayamaMia 

フェイスブック https://www.facebook.com/yuichi.mayama.9

HP/ブログ https://www.mayamayuichi.com/ 

東京1区 海江田 万里
常任幹事会
最高顧問
ツイッター https://twitter.com/banrikaieda
フェイスブック https://www.facebook.com/banri.kaieda
HP/ブログhttp://kaiedabanri.jp/ 
参議院東京 蓮舫 ツイッターhttps://twitter.com/renho_sha
フェイスブック https://www.facebook.com/%E8%93%AE%E8%88%AB%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80-362536237192710/
HP/ブログ https://renho.jp/ 
参議院東京 小川敏夫 ツイッター https://twitter.com/OgawaToshioMP
フェイスブック https://www.facebook.com/ogawatoshioMP/
HP/ブログ http://www.ogawatoshio.com/  

参議院千葉

長浜博行 ツイッター https://twitter.com/nagahama1020
フェイスブック https://www.facebook.com/hhnagahama
HP/ブログ http://www.nagahamahiroyuki.com/   

比例代表

(東京5区)

手塚 仁雄
筆頭副委員長
国会対策委員会
フェイスブック https://www.facebook.com/t440com
HP/ブログ http://www.t440.com/
東京6区 落合 貴之 ツイッター https://twitter.com/ochiaitakayuki 
HP/ブログ http://www.ochiaitakayuki.com/
東京7区 長妻 昭 執行役員
代表代行
政務調査会長
(東京ブロック担当)
ツイッター https://twitter.com/nagatsumaakira
フェイスブック https://www.facebook.com/nagatsumaakira/
HP/ブログ http://naga.tv/

比例代表

(東京16区)

初鹿 明博 ツイッター https://twitter.com/AkiHatsushika
フェイスブック https://www.facebook.com/akihiro.hatsushika
HP/ブログ http://www.hatsushika.net/
東京18区 菅 直人
常任幹事会
最高顧問
ツイッター https://twitter.com/NaotoKan
フェイスブック https://www.facebook.com/naoto.kan.offical/
HP/ブログ http://n-kan.jp/

比例代表

(東京19区)

末松 義規 ツイッター https://twitter.com/9999suematsu
フェイスブック https://www.facebook.com/people/Yoshinori-Suematsu/100008253606732
HP/ブログ http://www.y-sue.net/

比例代表

(東京22区)

山花 郁夫 ツイッター https://twitter.com/yamahanaikuo
フェイスブック https://www.facebook.com/IkuoYamahana/
HP/ブログ http://yamahanaikuo.com/
参議院
山梨
宮沢由佳

ツイッター https://twitter.com/chibikkorijicho

フェイスブック https://www.facebook.com/yuka.miyazawa.10

HP/ブログ http://yuka-m.com/ 

参議院
新潟
風間直樹

フェイスブック https://www.facebook.com/naoki.kazama.3

HP/ブログhttp://www.kazamanaoki.com/ 

新潟1区 西村 智奈美
常任幹事会
北信越ブロック常任幹事
ツイッター https://twitter.com/chinami_niigata
フェイスブック https://www.facebook.com/official.nishimura.chinami
HP/ブログ https://www.chinami.net/

比例代表

(北陸信越ブロック)

松平 浩一        

比例代表

(北陸信越ブロック)

山本 わか子      
参議院長野 杉尾秀哉 フェイスブック https://www.facebook.com/sugio930
HP/ブログ http://sugio.club/index.html 

比例代表

(愛知1区)

吉田 統彦 ツイッター https://twitter.com/yoshitune1aichi
フェイスブックhttps://www.facebook.com/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1-%E5%90%89%E7%94%B0%E3%81%A4%E3%81%AD%E3%81%B2%E3%81%93-954206421287709/
HP/ブログ http://www.yoshitsune-kai.jp/
愛知3区 近藤 昭一
執行役員副代表
選挙対策委員長
(東海ブロック担当)
ツイッター https://twitter.com/kondo_shoichi
フェイスブック https://www.facebook.com/kondo.shoichi.giin
HP/ブログ https://www.kon-chan.org/
愛知5区 赤松 広隆 ツイッター https://twitter.com/rikken_akamatsu 
HP/ブログ http://go-akamatsu.com/
愛知7区 山尾 志桜里

ツイッターhttps://twitter.com/ShioriYamao

フェイスブックhttps://www.facebook.com/yamaoshiori

HP/ブログ https://www.yamaoshiori.jp/

比例代表

(東海ブロック)

松田 イサオ      
参議院京都選挙区 福山 哲郎
執行役員
幹事長
ツイッター https://twitter.com/fuku_tetsu
フェイスブック https://www.facebook.com/fukuyamatetsuro/
HP/ブログ http://www.fukuyama.gr.jp/

比例代表

(大阪2区)

尾辻 かな子 ツイッター https://twitter.com/otsujikanako
フェイスブック https://www.facebook.com/otsujiosaka
HP/ブログ http://otsuji.club/

比例代表

(大阪5区)

長尾 秀樹 ツイッター https://twitter.com/nagaohideki_CDP
フェイスブックhttps://www.facebook.com/%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%81%8A%E7%A7%80%E6%A8%B9-669747393123270/
HP/ブログ http://nagaohideki.com/

比例代表

(大阪6区)

村上 史好 ツイッター https://twitter.com/fumiyoshi610
フェイスブックhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100011741872006&fref=ts   
大阪10区 辻元 清美
執行役員
国会対策委員長
(近畿ブロック担当)
ツイッター https://twitter.com/tsujimotokiyomi
フェイスブック https://www.facebook.com/profile.php?id=100005838250019
HP/ブログ http://www.kiyomi.gr.jp/

比例代表

(大阪16区)

森山 浩行 ツイッター https://twitter.com/MORIYAMAhiro
フェイスブック https://www.facebook.com/genki.m0rim0ri
HP/ブログ http://h-moriyama.jp/index.php
比例代表(兵庫6区) 櫻井 周 ツイッター https://twitter.com/sakurai_shu/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/shu.sakurai.7?fref=ts
HP/ブログ http://sakuraishu.net/

参議院三重選挙区

NEW 芝博一 フェイスブック https://www.facebook.com/shibahirokazu48/
HP/ブログ http://www.shiba-hirokazu.com/

比例代表

(島根1区)

亀井 亜紀子
常任幹事会
中国ブロック常任幹事
ツイッター https://twitter.com/kameiakikoweb
フェイスブック https://www.facebook.com/akiko.kamei.official/
HP/ブログ http://akikokamei.com/

比例代表

(岡山1区)

高井 崇志 ツイッター https://twitter.com/t_takai
フェイスブック https://www.facebook.com/takashi.takai.okayama/
HP/ブログ http://takaitakashi.com/

比例代表

(四国ブロック)

武内 則男
常任幹事会
四国ブロック常任幹事
ツイッター https://twitter.com/NorioKochi 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/norio.takeuchi.kochi/
HP/ブログ http://www.takeuchi-norio.com/

比例代表

(福岡3区)

山内 康一
国会対策委員会
委員長代理
ツイッター https://twitter.com/yamauchiko1
フェイスブック https://www.facebook.com/yamauchi.office/
HP/ブログ http://www.kou1.info/

比例代表

(熊本4区)

やがみ 雅義 フェイスブックhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100013662278466 
   

比例代表

(大分3区)

横光 克彦 代議士会長 ツイッター https://twitter.com/yokomitsu_oita3
フェイスブック https://www.facebook.com/pg/yokomitu10.22/about/
鹿児島1区 川内 博史
常任幹事会
常任幹事会議長
(九州ブロック常任幹事)
ツイッター https://twitter.com/kawauchihiroshi
フェイスブック https://www.facebook.com/%E5%B7%9D%E5%86%85%E5%8D%9A%E5%8F%B2-248245398550506/
HP/ブログ http://www.kawauchi-hiroshi.net/
参議院福岡選挙区 野田国義 ツイッター https://twitter.com/nodakuniyoshi
フェイスブック https://www.facebook.com/参議院議員-野田くによし事務所-広報室-315580615230106/ 
HP/ブログ https://nodakuniyoshi.net/
参議院
比例
川田龍平

ツイッター https://twitter.com/KawadaOffice

 フェイスブック https://www.facebook.com/ryuheikawada

 HP/ブログ http://ryuheikawada.jp/

参議院
比例
有田芳生

 ツイッター https://twitter.com/aritayoshifu

 フェイスブックhttps://www.facebook.com/yosihifu.arita?lst=100001996427254%3A100000958804255%3A1514342978 

 HP/ブログhttp://www.web-arita.com/ 

参議院
比例
江崎孝

 ツイッター https://twitter.com/etakashi 

 フェイスブック https://www.facebook.com/esakitakashi/ 

 HP/ブログ http://esakitakashi.net/ 

参議院
比例
石橋通宏

フェイスブック https://www.facebook.com/i484.jp 

HP/ブログ http://www.i484.jp/ 

参議院
比例
那谷屋正義

ツイッター https://twitter.com/Namba_Shouji 

フェイスブック https://www.facebook.com/namba.shoji/

HP/ブログ http://s-namba.jp/ 

参議院
比例
白眞勲

HP/ブログ https://www.haku-s.net/ 

参議院
比例
吉川沙織

フェイスブック https://www.facebook.com/yoshikawasaori2007

HP/ブログ http://yoshikawasaori.com/

 

iyasi.hatenadiary.jp

 

立憲民主党を応援する理由と立憲民主党の今後の課題を整理してみた

立憲民主党を応援する理由を自分なりに整理してみた

f:id:kasikoi:20171022211902j:plain

立憲民主党を応援

 総選挙が終わり、『立憲民主党を草の根から応援&チェック』などというブログを立ち上げ、ツイッターも @cdpcheck (Constitutional Democratic Party をチェック、のつもり・・・)というアカウントまで作ってしまったわけですが、1週間経って、自分なりにどうしてそういうことをする気になったかの理由を整理してみたいと思います。

今までの政党を支持する気にならなかった理由 ~ 公務員は全体の奉仕者じゃなかったのかよ ~

元々今の自民党に限らず、今までの日本の政治では、「自分の属するグループ」の利益を代表するような国会議員が多かったことが、今までの政党を応援する気持ちになれなかった理由なのではと思います。農林族、郵政族、医師会、原子力村・・・自分がそういった「自分の属するグループ」というものがないことからのひがみ、妬みなのかもしれません。(仕事上、同業者と勉強会のようなものには参加してますが・・・)

しかし、国会等の答弁等を見たり聞いたりしていると、何だよ、国会議員・大臣・総理っていう公務員は、憲法15条に書いてある、「全体の奉仕者」じゃないのかよ!という気持は常にありました。

 

自民党憲法草案(平成二十四年)は、私が住み、生きたい国の憲法ではない

自民党憲法草案、読んでみましたが、どうしてもそれは「自分が住み、生きたい国」の憲法とは思えません。

「日本国民は、国旗及び国家を尊重しなければならない」・・・自民党憲法草案第三条

「家族は互いに助け合わなければならない」・・・自民党憲法草案第二十四条

私も自分が生まれ、暮らしている日本という国をないがしろにしようとは思っていません。家族も互いに助け合って生きべきだと思っています。でもそれは、自分の内心から自然と生まれる気持ちであって、「国あるいは憲法によって強制されるべきものなどではない」と強く感じています。

「すべて国民はこの憲法を尊重しなければならない」・・・自民党憲法草案第百二条

これこそ、「個人の自由(人権)を守るために政府の権力(国家権力)を憲法によって制限する」という立憲主義の考えとは反するものだと思います。

 

「緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、(中略)何人も法律の定めるところにより、当該宣告に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。(中略)その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されない」・・・自民党憲法草案第九十九条

なんとも恐ろしい条文。一旦、内閣総理大臣が緊急事態と宣言すれば、法律と同じ効力の政令を発することができ、勝手に予算を使い、国民は政府の指示に従わなければならず、衆議院も任期4年を超えて議員を続けられる・・・これは、私が、住んでいたい国ではないし、自分の子供や孫に住んで欲しい国ではありません。

⇒自民党憲法草案

 今の政権を支持する気にならない理由 ~ 特定秘密保護法で物を言うことがはばかられる世の中に ~

今の政権を支持できない気持にさせているのは「特定秘密保護法」などというものを強引に成立させてしまったことです。実際にその特定秘密保護法で逮捕者が出たという話は聞きませんが、それでも自分の中で「自分のこの気持ちをしゃべったり、行動に移した時に大丈夫か?」という気持が生まれてしまっているのは事実です。そして、世の中の風潮も、特にネット上では、自分のあるいは自分の支持する政党・政治家に批判的な者、あるいは弱者・少数派の人たちには、罵声を浴びせ、見るに堪えない・聞くに堪えないことがあまりにも多くなりました。何と息苦しいうっとうしい世の中になってしまったんだろう。

立憲民主党を応援する理由 ~ 福山哲郎立憲民主党幹事長は、東京ファイナル2017/10/21で気持を代弁してくれた ~

福山哲郎立憲民主党幹事長は、総選挙の前日、こう言ってくれました。

 

立憲民主党に今、集っていただいている仲間は、筋を通して、国会で今すぐにでも論陣をはってくれるような仲間がそろいました。

また、ヘイトスピーチ、障害者差別、虐待、LGBT差別、今、国会で自由な議論ができないのと同様、安倍政権になって、この国はなんとうっとうしい、息苦しい社会になってしまったのでしょうか。

この国はもっと寛容だった。この国は、もっとみんな優しかった。人にレッテルを貼って、排除と分断を進める安倍政権のような、うっとうしい息苦しい社会とはおさらばしたいとは思いませんか、みなさん!

さきほど小島慶子さんが言われていました。人は違った人生があっていいんです。人は違った生き方があっていいんです。障害をもった方も、LGBTの方も、一人親で一生懸命子育てしている方も、みんなそれぞれの人生があって、それぞれ生きているんです。

そのことを、異なったことを認め合い、許し合い、そしてお互いが一緒に生きていく社会を 我々立憲民主党は、枝野さんと一緒に作っていきたいと考えます。』

 

私は、この演説を何度も聞き直し、この人たちが目指そうというものを心から応援していきたいと感じ、そして久しぶりに「この人たちに投票しよう」という積極的な気持ちで投票をすることが出来ました。

 

⇒福山哲郎立憲民主党幹事長演説全文

 

立憲民主党の今後の課題

生まれたばかりの立憲民主党。課題は沢山あると思います。現実問題として来年には憲法改正が発議されるのでしょう。それを阻止するのは今度は国民の手にゆだねられます。何としても今の自民党草案のようなものは阻止しなければいけないと思っています。そのためには、一人でも多くの仲間を、しかも早急に集めなければいけません。地方での足場固めも早急の課題です。一方で、枝野代表・福山幹事長はじめ、立ち上げメンバーと思いが異なる人と安易に合流すれば、民進党の失敗と同じ道を歩むことになりかねません。

 

目の前の「憲法改正阻止・2年後の参院選」という短期課題への対応と、「いずれ政権を担うための地道な足場固め」という少し長期の課題。そのバランスはまさに「解なし」かもしれません。きっと枝野代表・福山幹事長はじめ、今のメンバーが中心になって、バランス良い答えを出してくれるものと期待しています。

 

そして、私たちも、福山哲郎幹事長が東京ファイナルで言っていたように

立憲民主党をチェックし、監視していきたいと思っています」

 

iyasi.hatenadiary.jp

 

 

 

立憲民主党 福山哲郎幹事長、笑えなかった、でも笑ってもいいと思う!満面の笑みは次までとっておきましょう!

 

 立憲民主党幹事長福山哲郎さんの東京大作戦2017/10/21@新宿バスタ前

遠方なので、直接は行けませんでしたが、ネットで小島さん、福山さん、枝野さんの演説見ました。(なかなか主役が登場せず、時間をもたせた前説の人たちも nice job だったと思います )というか、夜中に見て、今日(投票日)も見直してしまい、いい年して目頭が熱くなりました。

福山さんはこう言いました。

『明日、結果が出ます。
どのような結果になっても、私たちはそれが国民の思いだと受け止めなければいけません。選挙は今日で終わります。
しかしながら、皆さんの声に枝野さんが背中を押されて、このできあがった立憲民主党は明日からスタートします! 選挙で終わりではありません!

国民の皆さんからいただいた議席と、一緒になって戦っていただいた国民の皆さんとともに、立憲民主党という新しい政党を作る作業を、一緒にやっていただけないでしょうか。

「枝野立て」「枝野立て」「枝野立て」と、多くの皆さんに集まっていただいたこの立憲民主党は一過性や、一時のブームで終わらせてはダメだと私は考えています。

ともすれば、選挙が終わればすぐ永田町に引きこもってしまう「政党」、そうならないために、枝野さんと私も懸命に努力をします。


支えていただきたいのはもちろんです。が、それよりも重要なのは、チェックをしてください。監視をしてください。


皆さんが応援して作り上げてくれた立憲民主党が永田町の中に引きこもらないように、国民から離れないように、どうか監視をしていただいて、共に、これからも闘っていただきたいと思います。』

 

私は、民進党の大半が希望に合流すると知ったその日、本当に絶望し、どうしたら良いか分からず、ツイッターで#枝野立て!と叫びました。その数日後、枝野さんは、その思いに応えてくれただけではなく、『立憲民主党をつくったのは皆さんだ。一緒に歩いてくれませんか!』と言ってくれた。

今度は自分たち一人一人が、福山哲郎幹事長の言うように、支え、チェックし一緒に歩んでいきたいと感じています。

立憲民進党 福山哲郎幹事長、(8時の時点では)笑えなかった!でも笑っていいと思う。満面の笑みは次にとっておきましょう!

福山さんはこうも言いました。

『2012年に総選挙に負けた後、仲間がみんな落選をし、地域に戻って苦労していました。その中で、TVに出たら、政権に失敗したことも含めて、笑っちゃいけないと思って、TVに出た時、私は、笑わないようにしていました。
秘密保護法、共謀罪、安保法制、国民の意向に反して立憲主義、民主主義を壊されているのに、力不足の野党の人間がテレビでは笑ってはいけないと、ずっと心に決めていました。明日、我々が思っている結果以上に、国民の皆さんに力をいただいたら、
枝野さんとテレビの前で笑いたいと思います!』

福山幹事長が言う『思っている以上』がどのくらいだったか分かりません。思ったほどでないのかもしれません。自公が2/3伺うとの情勢に笑えない気持ちだと思います。枝野さん、福山さん、とこれからも一緒に戦っていこうという人がこれだけいると分かったのは大きな勇気・・・だから笑ってもいいと思います。福山さんの満面の笑みは次にとっておきましょうよ

明日から、私たちは一人一人、政治の世界とは関係のない、日常の中で、必死に暮らしていかなければいけません。でも、新しく生まれた立憲民主党を支え、チェックしていきたいと思っていますし、国民投票となれば、その時こそ私たち一人一人が戦わなければいけません。一緒に頑張れればと思います。

f:id:kasikoi:20171022212903p:plain

 

iyasi.hatenadiary.jp